何か質問はありませんかと、面接のラストで問われることはよくあります。一番入りたいと思っている会社の場合は、事前にいろいろ調べる過程で質問が浮かんだりします。ですが、第二、第三志望の会社の場合、聞きたいことと言われても、何も考えつかないことがあります。就職について前向きに考えているかを見極めるために、最後に質問の有無を聞いてくることもあります。ここで、鋭い視点から質問をすることができれば、見所のある人物と思ってもらえます。採用面接の場に臨む時には、あらかじめ、会社のパンフレットや、求人内容に、しっかり目を通しておきましょう。面接に行く前から、どんな質問が考えられるかをピックアップしておくことで、適切な質問が出せるでしょう。もしも、聞きたいことが1つもないという答え方をしてしまうと、やる気がない人というイメージを抱かれてしまいます。質問の有無はと聞かれた場合に、矢継ぎ早に質問をしろといっているわけではありません。特に聞きたいと思っていない質問を、ポーズのために出していると、とりとめのない内容になってしまいます。他の人がまず気づかないような角度からの質問をすることも、面接の場では効果がある場合もあります。相手が質問に答えてくれたときは、記録をしたり、あいづちをしっかり打つことです。